テーマ:慶応

現役合格者率と結果偏差値12(比較3)

共学校、女子校、男子校の慶応現役合格者率比較です。 共学校と男子校の傾向線は重なっています。女子校の傾向線は同じような形ですが偏差値上方に2~3シフトしているように見えます。 これは共学校の偏差値を男子を基準として出しているため、結果が同様であれば同じ傾向線となります。女子は四谷大塚の特徴である、男女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現役合格者率と結果偏差値11(共学3)

共学校の慶応現役合格者率です。 慶応については共学校についても指数関数がいちばんよさそうです。 飛び出している点はありますが、指数近似できれいな形になるかんと思います。 偏差値40あたりから急速に合格者率が上がっているように見えます。 1.7%あたりでやや上に外れているのは淑徳なのですが、過小評価され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現役合格者率と結果偏差値10(男子校3)

男子校の慶応現役合格者率です。 慶応については指数関数がいちばんよさそうです。 指数で近似するとかなりきれいな形になります。 偏差値43あたりまでは合格者数1%以下で、43を超えたあたりから急激に立ち上がっています。 偏差値40以下の学校の合格者率がほとんど変わらないのは、女子のところで分析したとおり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現役合格者率と結果偏差値10(女子校3)

女子校の慶応現役合格者率です。 慶応については、直線、二次関数ともにいまいちです。 でいろいろ試した結果、指数関数がいちばんよさそうです。 低めの偏差値で一定率、ある偏差値あたりから直線で立ち上がるというモデルもできそうだったのですが、とりあえず指数でよさそうです。 なぜこういう形になるかと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more