テーマ:偏差値

たまには独り言など

谷根千さんへレスつけようと思ったら、意図せず長くなったので、独り言しばらく書いてないなと思ってひとりごとなど。。にしようと思い立ちました。 基本的に、レスなので、問いかけを知りたい人は谷根千さんのコメント参照のこと。 ************** お久しぶりです。 食べ物屋、そうですね、ラーメン屋さんに似ている気がします…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鴎友入試分析(12)

空き時間を使っていろいろ考えてみるのですが、教育上のマイナス要因がないのに志望者が大きく変動するわけないな、もし、変動するなら、間違った情報に振り回されているんだろうな、と思います。 それがいい、悪いじゃなくて、結局は親が子供の教育の責任を負っているわけだから、情報判断を含めて親の能力が問われているということなんだろうけど。 まさか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

鴎友入試分析(11)

強行日程の海外出張から帰って来たら、「アベ」さんが会見していた。なんだか手前みその言い訳にしか聞こえない話を聴いてると、ふと「マスゾエ」さんの顔が浮かんだ。 最近の政治家って・・・・と、疲れが増した。 今回は補正有りの場合の1+2回、1+2+3回の推定偏差値分布です。 まずは1+2回の偏差値分布です 補正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子二日校考察3

出口結果集計しているます。学校数が確定できていないのですが、昨年200位以上の顔ぶれは変わらないと 仮定して、201位以下から始めようかと思います(東京) 201位以上に突然飛び込んでくる学校があったら、その都度修正して行こうかと思います。 今回は修正とモデルを変えたらどうなるかを見てみます。 前回は80%偏差値を進学者の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女子二日校考察2

個別の学校を例に話をすると、変なのがわいてくる思ってやめたのですが、それでも頓珍漢なことをおっしゃる方も出てきます。 元々、一日校より二日校の方が優秀層を集めることができるという人がいるから、偏差値は高く見えるけれど、構造上、優秀層を集めるのは難しいということを、モデルを作って説明したのに、なぜか伝統校と新興校の好き嫌いの話しにすり替…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

女子F二日校考察

サンデー毎日買いました。 暇を見つけて入力&各校のHPチェックをやっていこうと思います。 で、その前に、女子の1日校と2日校の関係はどうなの? 2日入試をやめた鴎友はどうなんだろうかというメールをもらいました。 以前、2日校の進学者推定やったことがあるのですが、久々にやってみようかと思いました。 四谷大塚が進学者実績の公表…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入口と出口(プチ分析)5

サピックスの偏差値で現役をやってみます。 まずは補正無しの男子校です。 はやり、攻玉社、武蔵、開成が変です。 攻玉社は帰国子女のクラスが通常の中学入学クラスより実績が高いことは明白なので、実績が偏差値より高くなって当たり前ですが、武蔵は偏差値が不当に低いと考えるべきかと思います。 開成は現浪でも偏差値が高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入口と出口(プチ分析)4

ネット見たら、女子学院の東大合格者が出ていました。なので、男子校、女子校、共学の合成ラインに女子学院を 追加してみました。 まずは補正無しのオールキャスト 追加した女子学院は分布的には問題なさそうです。 やはり、攻玉社、武蔵、開成の位置が変かなと思います。 次にこの3校を外した分布です …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入口と出口(プチ分析)3

サピックスの偏差値も載っていたので、サピックス偏差値でも同じ事やってみます。 まずは、男子校の偏差値と現役合格者率です。 面白いことに、男子の分布をみると日能研同様、直線近似でもいいような分布になっています。 偏差値の全体分布が棒状な一次分布であればそれも可能ですが正規分布を前提にする限り、絶対あり得ないこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入口と出口(プチ分析)2

入口と出口(プチ分析)2 前回は現浪で見てみました。現役合格の率もあったので、そちらの相関を見てみます まずは、男子校の偏差値と現役合格者率です。 まるで直線相関がある様な分布ですが、まあ、あり得ないので、分布的におかしな学校を探すと、現浪でおかしかった攻玉社(低すぎ。帰国子女クラスのせいだが)と駒東(低す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入口と出口(プチ分析)1

国立の前期の発表が終わって、後期試験の時期です。 各校の結果は週刊誌の確定版(といっても相当変わるので結局は学校の発表を待つことになるのですが)が出てから 入力を始めようと思っていますが、とりあえず、ミーハーに東大合格者をネットで探していました。 そうしたら、日能研の結果偏差値と東大合格者率というのがあったので、データを拾ってきま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学偏差値と大學実績についての考察(8)2011年国公立

2011年のフィッティングをやってみます。 フィッティングのやりかたは2010年と同じです。 まずは中学受験と高校受験の割合が5.6:10として、Yシフトは5です。 角度的には悪くない気がしますが、曲がりがいまいちかなと思います。 なので、国公立なので、偏差値の上の方がフィットするように考えたいか…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

都立実績基準による大学実績分析(64)東京純心編

はじめての方は、とりあえず、記事の下の方に「都立基準分析」のキーワードがあって、記事タイトルが一覧できますから、そこから、各数値の算出方法については(1)~(3)を、グラフの見方は足立学園の記事を参照してください。そのうち、見方をまとめます。 今回は東京純心をやっておきます。結構しっかりした学校だと思っていたのですが、場所のせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学偏差値と大學実績についての考察(7)2010年国公立2

2010年の国公立大学合格者率を基準に、中学結果偏差値と高校(都立)偏差値との関係を見てみます。 2011年をやろうかと思ったのですが、2010年をまとめるのを忘れていたので、相関グラフと中学結果偏差値「5」刻みにした場合に対応する高校偏差値がどうなるかを見てみます。 中学人数:高校人数=5.5:10 偏差値のシフト量7として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出口推定偏差値ランキング(20)

都立基準分析は都立の大學実績を基準にして、実績に相当する都立高校の受験偏差値を出口推定偏差値 としています。詳しくは都立基準分析を参照ください。 今回も、各レベルごとの2010年と2011年の出口推定偏差値のランキングを比較して変動を見てみます。 また、分析した学校を追加してみます。 まずは早慶以上です。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

都立実績基準による神奈川県立高校の実績(7)横須賀

神奈川県立高校の実績の分析第7回です。今回は横須賀です。 まずは2010年と2011年の横須賀の大学合格実績比較です。 対象となる学校の合格者率合計は270% 2011年は250%です。まあ、普通かなという感じです。 詳細を見てみます。 日東駒専レベルでは2010年は230% 2011年も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出口推定偏差値ランキング(19)

都立基準分析は都立の大學実績を基準にして、実績に相当する都立高校の受験偏差値を出口推定偏差値 としています。詳しくは都立基準分析を参照ください。 今回も、各レベルごとの2010年と2011年の出口推定偏差値のランキングを比較して変動を見てみます。 また、分析した学校を追加してみます。 まずはMARCH下位以上です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出口推定偏差値ランキング(18)

都立基準分析は都立の大學実績を基準にして、実績に相当する都立高校の受験偏差値を出口推定偏差値としています。詳しくは都立基準分析を参照ください。 今回は、各レベルごとの2010年と2011年の出口推定偏差値のランキングを比較して変動を見てみます。 また、分析した学校を追加してみます。 まずは日東駒専レベルです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学偏差値と大學実績についての考察(5)2011年相関

個別のフィッティングをやってみようかと思ったのですが、その前に、相関関係が2010年だけじゃなくて2011年も似たような関係があることを示しておいた方がいいかなと思ったので、2011年の相関関係をみることにします。 今回は実際の中学結果偏差値と推定出口偏差値の関係を見てみます。 X軸は中学結果偏差値はY軸は出口推定偏差値をプロッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都立実績基準による大学実績分析(58)恵泉女学園編

はじめての方は、とりあえず、記事の下の方に「都立基準分析」のキーワードがあって、記事タイトルが一覧できますから、そこから、各数値の算出方法については(1)~(3)を、グラフの見方は足立学園の記事を参照してください。そのうち、見方をまとめます。 今回は恵泉女学園をやってみます。中高一貫の学校です。 最近は近くの鴎友にちょっと差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都立実績基準による神奈川県立高校の実績(5)平塚江南

神奈川県立高校の実績の分析第5回です。今回は平塚江南です。 まずは2010年と2011年の平塚江南の大学合格実績比較です。 対象となる学校の合格者率合計は290% 2011年は300%です。前回の厚木より少し多いレベルです。 詳細を見てみます。 日東駒専レベルでは2010年は240% 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学偏差値と大學実績についての考察(5)2010年相関1

今回は実際の中学結果偏差値と推定出口偏差値の関係を見てみます。 X軸は中学結果偏差値はY軸は出口推定偏差値をプロットしています。 国公立、早慶レベル、上位MARCHレベル、MARCHレベル、成成国武、日東駒専をプロットしています。 近似線は二次関数で近似しています。 意外なぐらい、近似線が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出口推定偏差値ランキング(17)

都立基準分析は都立の大學実績を基準にして、実績に相当する都立高校の受験偏差値を出口推定偏差値 としています。詳しくは都立基準分析を参照ください。 今回は、各レベルごとの2010年と2011年の出口推定偏差値のランキングを比較して変動を見てみます。早慶レベル以上と国公立レベルです まずは早慶レベルです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出口推定偏差値ランキング(16)

都立基準分析は都立の大學実績を基準にして、実績に相当する都立高校の受験偏差値を出口推定偏差値 としています。詳しくは都立基準分析を参照ください。 今回は、各レベルごとの2010年と2011年の出口推定偏差値のランキングを比較して変動を見てみます。各レベル毎に見た前回に雙葉、田園調布も加え、ついでなので、神奈川の県立高校、最新の厚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学偏差値と大學実績についての考察(4)量の比較2

今回は比較の基本的な考え方の続きです。というより前回暗に中学受験の方が優秀層は多いだろうという思い込みで、比率的に中学受験の方が多い比率に変化させていました。 で、実際の形と対比すると、逆なんですね・・・ まあ、考えてみたらそりゃTOP付近ならば、中学受験のほうが比率は高いでしょうが、全域で中学受験者の比率が高いというのは無理があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出口推定偏差値ランキング(14)

都立基準分析は都立の大學実績を基準にして、実績に相当する都立高校の受験偏差値を出口推定偏差値としています。詳しくは都立基準分析を参照ください。 分析した学校がまたすこし増えたので、各レベルごとの2011年の出口推定偏差値をランキングしてみます。 まずは日東駒専、城城国武レベルです。 帝京大は日東駒専…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学偏差値と大學実績についての考察(2)量の比較

今回は比較の基本的な考え方です。 分布の推定に対して母集団の優秀層は同じ形だと仮定しました。 これを大前提にして、中学入学者と高校入学者の分布を推定しようと思うのですが、フィッティングの手段として二つのパラメータを考えてみます。 ひとつはそれぞれの優秀層の絶対量が違っている。けれど分布自体は同じであるとします。 たとえば、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中学偏差値と大學実績についての考察(1)量の確定

と仰々しく書いてみてけれど、大したことやるわけじゃないです。 単に数のイメージを掴もうというだけのことです。 都の教育委員会のサイトに、国立、私立、公立の中学生数がでています。 この私立、国立中学生を一貫校としてカウントします。 一方、高校も国立、私立、都立の人数が出ています。 高校の偏差値というのがどの範囲の人をカバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大合格に対する学校基礎体力考(5)

これまで合格者率、合格者数で東大合格基礎体力を見てみましたが、現役合格者数で同じような分析をしてみます。 2010年同様に東大合学者率で1%以下、3%以下、5%以下、以上に分けています。 200人定員の学校なら1%超えで2人以上、3%超えなら、6人以上です。 300人定員なら、1%超えで3人、3%超えで9人…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

現役進学者分析(38)白百合編

はじめて見る方は、内容がわからないかもしれませんので、最初にご案内。 この現役進学者分析は下の方に「現役進学者分析」のカテゴリーがありますから「もっとみる」を押してもらって、最初の「イントロ」を読んでいただくと、データの意味がわかると思います。 というわけで、今回は白百合の現役進学者分析です。 これまで分析してきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more