テーマ:共学

2012年の結果都立基準分析(105)成城学園他

今回残っている東京の附属を少し進めておきます。 今回は成城学園、創価、拓大第一をやります。 まずは成城学園です。 東京純心は世田谷区にある成城学園大の附属の中高一貫の共学校です。 高校入試60のようです。 約半数が成城学園大学に進学しているようです 2010年は早慶までの合格者が5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(102)明大明治他

100番付近の附属校やっておきます。 今回は明大明治、明学、明学東村山をやります。 まずは明大明治です。 明大明治は調布市にある中高一貫の共学校で、明治大學の附属です。 高校入試倍率は3.6倍で、高校偏差値は68です。 90%以上が明治大學に進学しているようです。 2010年は難関国立…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

都立ランキング2012(番外1)

今回は私立のほうで適正順位の出し方を見直して、詳細化したので、同じような方法で適正順位を見直してみました。 本文を書き直すのもどうかなと思ったので、見直した適正順位と適正順位との乖離をまとめておきます。 私立高校の分析の方で都立との比較にも使おうかと思ったりします。 ランキング前半まとめ …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(99)玉川学園、東星、明星学園

大体、半分ぐらいまで、確定しました。ちょっと変動が大きい東星がいるので、今回は変動で見てみます。 仕事、方針の違いで、さてどうしましょうか状態です。 動いたら、大騒ぎなんでしょうけど。 さて、現実逃避・・・ 今回は玉川学園、東星、明星学園をやります。 まずは玉川学園です。 玉川学園は町田市にある、中高一貫の共…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(98)城西大附他

私立高校200校のランキングを始めるにあたって、とりあえず100位ぐらいまでを大急ぎで片付けておこうと思います。 近々開始予定です。 今回は東京高校、城西大附、杉並学院、関東国際をやります。 まずは東京高校です。 東京高校は太田区にある高校からの共学校で、高校入試は1.1倍程度、高校偏差値は54です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(95)駒場学園他

今回は共学です。 大東大第一、駒場学園、文教大附やります。 大東文化大附は板橋区にある、高校からの共学校です。 高校入試の倍率は1倍。全入状態です。ですが、偏差値は52です。 なんだか、不思議な感じです。どうやって決まるのでしょうね?高校偏差値って。 内部進学は1/3が推薦で大東文化大に進学するようです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(93)専修大附他、

専修大附、和光、国士舘大やります。 無理やりくくると大學附属ですが、まあ、変動が大きくてどこかとグループ作るのが難しかった学校です。 なのでいつものパターンとは違います。 専修大附は杉並にある専修大の高校入学の附属の共学校です。 入試倍率は1.2倍で高校偏差値は56。 卒業生の90%は専修大に進学しているようです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(89)法政大他

法政大、二松学園、日本工業やります。 変な組合せですが、変動が大きすぎて同じ動きをする学校とグルーピングできなかったのでまとめて処理しておきます。 なのでいつものパターンとは違います。 法政大は言うまでも無く法政大学の附属です。 三鷹にある中高一貫の共学校です。 入試倍率は3.3倍で、偏差値は64です。 一定基準…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(88)帝京他編

今回も高校入試のある学校の分析です。 帝京、帝京八王子、東海大菅生やります。 帝京高校は、板橋区にある帝京大学の千代田区にある中高一貫の共学校です。 帝京大の係属校です 高校入試倍率は1倍で全入状態です。高校偏差値は50です。 なんで全入状態なのに偏差値50なんだろうと、とても不思議です。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(87)錦城学園他編

今回も高校入試のある学校の分析です。 錦城学園、関東一、駿台学園やります。 錦城学園は、千代田区にある高校からの共学校です。 慶応義塾内の三田英語学校が起源らしいです。 高校入試倍率は1.1倍で高校偏差値は48です。 2010年はGMARCHまでが1%、成成明武までが4%、日東駒専13.5%です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(85)東京立正他編

休みももう少しです。今回も高校入試のある学校の分析です。 東京立正、昭和第一学園、日出やります。 東京立正杉並にある中高一貫の共学校(2002年から)です。 高校の入試はほぼ全入状態。偏差値は46です。 2010年は早慶が0.5%、GMARCH以上が1.5%、日東駒専が9%です。 2011年は早慶合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(84)大森学園他編

今回も高校入試のある学校の分析です。 大森学園、貞静、東海大高輪やります。 大森学園は大田区にある工業コースもある共学校です。 倍率は1.1倍で高校偏差値は46です。 2010年は日東駒専が2.5%です。 2011年は国公立合格者が1.5%います。GMARCHまでが4%です。日東駒専までなら10.5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(83)頴明館編

上位校として、頴明館やってみます。 学校法人「堀越学園」の学校で、イートンを目指して作られた学校のようです。 完全中高一貫の共学校です。 では、まずは合格者率です。 2010年の難関国立の合格者率は10.5%です。早慶以上は83.5%です。 MARCH上位までが194%です。このあたりは渋渋を上回っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(82)明大中野八王子他編

レベルの都合で明大中野八王子と八王子実践をやっておきます。 まずは明大中野八王子です。 八王子にある中高一貫の共学校です。明治大の附属です。 高校の倍率は3倍程度です。 推薦を保留して他大学受験が可能だが、80%は明治大に進学しているようです。 高校偏差値は63です。 2010年は早慶…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(81)武蔵野学院他編

2012年の結果都立基準分析(81)武蔵野学院他編 高校のみの共学校にしようと思ったのですが、レベルがバラバラ、変動もバラバラなのでグルーピングが難しいことがわかりました。 なので、レベルごとに何校かずつやっていくことに変更しました。 それでもなかなか難しいのですが。 今回は武蔵野、東京実業、昭和第一、堀越やります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(80)朋優学院他編

今回から高校のみの共学校をやっておこうかと思います。 中高一貫校に移行する学校が増えていて、都立の高校が学校改革をしている状況で高校のみの私立がどうなのかというのが気になります。なので、高校入学だけの私立高校をまとめてみてみようかと思います。 昨年も分析した学校から見てみようと思います。 まずは朋優学院です。 6コース制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(78)中央大G編

ストックから中央大の東京3校をやってみます。 が、失敗したかなと思います。偏差値近いのに、実績はバラバラです。 まあ、それでも、やってみます。 まずは合格者率です。 2010年は難関国立が0.5%、早慶までが2.5%、MARCH上位までが15.5%です。 2011年は難関国立が2%で4倍。早慶までが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の結果都立基準分析(75)駒澤大ほか編

今回もストックですみません。共学校を3校ほどやっておきます。 まずは駒澤大です。 駒澤大学に7割が進学するらしいですが、他大学進学のコースもあるみたいなので、進学実績を見ておく意味はあるかと思います。 3年間の実績を示します 2010年はMARCH上位が1.5%。GMARCHが3.5%、成成明武が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都内の高校早慶合格者率比較(11)共学11

共学の合格者率はこれでとりあえず終了です。次は男女別にやってみて最後にマージしようかと思います。 それでは41~50位の現+浪と現役ランキングを示します。 右が現+浪で左が現役です。 41位は創価です。創価は現+浪と現役のランキングがほぼおなじレベルで推移しています。 現+浪の42位は多摩大聖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都内の高校早慶合格者率比較(10)共学10

ちょっと変わった分析をやってみようかとちょっと準備しています。 面白い傾向も出てきましたので、そのうち公開しようと思っています。 今回は41位~50位の現+浪、現役の合格者率です。 上が現+浪の合格者率、下が現役の合格者率です。 まずは現+浪ランキング41位の創価です。現役ランキングも41位で変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都内の高校早慶合格者率比較(9)共学9

今日は雪です。うっすらと雪が積もっています。 昼間、雪がすごくて、歯医者に車で行くのを諦めたら、歯医者の近くはそんなに降っていませんでした。 なんだ、止んだのかと思ったら、帰り、うちの近所は相変わらず、かなりな勢いで降ってました。大して離れていないのですが、違うんですね。 というわけで、共学ランキング31~40位です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都内の高校早慶合格者率比較(7)共学7

合格者率の21位~30位の学校の早慶合格者率ランキングをやってみます。 左が現+浪の合格者率で、右が現役の合格者率です。 国分寺は現+浪で15位ですが、現役限定だと21位にランクダウンします。 都立駒場は現+浪の21位から現役24位です。 都立大泉は現+浪と現役のランキングが同じです。 都立小山台は現+…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

都内の高校早慶合格者率比較(6)共学6

合格者率の21位~30位の学校の早慶合格者率をグラフ化してみました。 上が現+浪の合格者率で、下が現役の合格者率です。 21位は都立駒場です。20%超と10%の間で変動しています。 これは27位の都立富士とちょうど反対の動きになっています。 22位の都立大泉は都立駒場と同じ動きですが、変動は都立駒場よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都内の高校早慶合格者率比較(5)共学5

合格者率の11~20位をランキングしてみました 左が現+浪の合格者率で、右が現役の合格者率です。 国学院久我山は現+浪ではランキング上昇ですが、現役合格者率は横這い。 それでも現+浪、現役どちらもランキング11位です。 現+浪で比較的安定な順位を保っている八王子東は現役ランキングでは去年ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現役合格者率と結果偏差値15(共学4)

共学校のMARCH現役合格者率です。 共学校のMARCHは指数関数だろうなという分布です。。 共学校も偏差値35あたりで、MARCH合格者率が10%程度です。 偏差値35付近(あるいはそれ以下)ではMARCH10%あたりが、推薦AO込みで見込まれる合格者率のようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都内の高校早慶合格者率比較(4)共学4

合格者率の11~20位をグラフ化してみました。 上が現+浪の合格者率で、下が現役の合格者率です。 このクラスでは現+浪では八王子東が安定した率を示しています。 それを追って、国学院久我山、立川が同じような動きをしています。 成蹊がジワリと上昇傾向、小石川と都立国際が低下傾向です。 現+浪の11位…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

都内の高校早慶合格者率比較(3)共学3

合格者ランキングにしてみました。左が現+浪合格者率で、右が現役合格者率です。 ランキングだけでは面白くないので、矢印で動きを示してみました。 ただ、順位の動きは率とおなじなので、どちらかにしたほうがいいかなと思いました。 なので、率はグラフで示すことにして、ランキングをこの表と矢印でやってみよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都内の高校早慶合格者率比較(2)共学2

合格者率をグラフ化してみました。今後どれがいいかよくわからないので いろいろ試してみます。見やすい、わかりやすいものを選んでいこうかと思います。 現+浪合格者率は学芸大、日比谷が率的にはTOPで、その下に筑波大、都立西がきてさらに渋渋、穎明館がきて、その下に帝京大、国立、ちょっと離れてICU、戸山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都内の高校早慶合格者率比較(1)共学1

タカダさんが現役合格者数をいろいろ分析されています。 現浪・現役それぞれに意味があり、絶対数、率もまたそれぞれに意味があると思っています。 前回、現浪+絶対数で、共学のランキングをしてみました。 外野が騒ぐのは大体、数で、東大合格者数を見ればわかりますがわざわざ東大合格者率で見ようとする人は完全に少数派です。 だからといって、一…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

現役合格者率と結果偏差値11(共学3)

共学校の慶応現役合格者率です。 慶応については共学校についても指数関数がいちばんよさそうです。 飛び出している点はありますが、指数近似できれいな形になるかんと思います。 偏差値40あたりから急速に合格者率が上がっているように見えます。 1.7%あたりでやや上に外れているのは淑徳なのですが、過小評価され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more