男子校の東大合格者数(6)偏差63

今回は偏差値63です。
麻布が入学者の半分を超え、駒東がほぼ半分なので、そろそろ卒業でしょうか。



画像





2000年を除けば、浅野が上位校の集団に合流しました。
偏差値63以上だと上位校と合格者率が違わないということなので、このあたりの入学者がかなり多いということだと思います。それでも率が100%界隈に張り付いているので、63以下でも十分な可能性があるということだと思います。

率で高いグループを形成しているのが、攻玉社、芝、桐朋です。
100%~300%あたりを変動していますから、これらの学校では偏差値62でも余裕で東大合格可能性ありということになります。
高校入試があるので直接比較できませんが、海城が50~60%(なぜか非常に安定しています)
巣鴨が40~80%ですから、それに比べると格段に良いと思います。
次に拡大してみます




画像






麻布と海城が似たような倍率で推移しています。それに対して駒東は麻布、海城の2割悪いレベルです。巣鴨も2001年以外、麻布・海城と差がありません。
偏差値63以上というとそんなに低いレベルではないのですが、そのレベル以上に対する東大合格者数が違わないということは、大学合格実績は入学者レベルによる部分が大きいのだと思います。
率のよかった武蔵も70%~100%のレベルに降りてきました。
武蔵もこのあたりの入学者比率が高いのだということがわかります。


"男子校の東大合格者数(6)偏差63" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント