温故知新男子校編東大合格者率検証(2014)世田谷高輪成城

予想と実際の結果と、来年の予想をやっています。
ちょっと時間が出来たのでやっておきます。
偏差値55以上の分布をベースに今回は世田谷、高輪、成城をやります。


画像



城北、本郷、攻玉社も参考に入れています。

灰色の星が、大学入試結果が出る前に予測したポジションです。今回もおなじにしました。
世田谷は、以前予想したときに上限下限で示していました。偏差値毎の分布で差が大きかったので、そうしました。
今年の結果としては、下限に近い数字です。
ではこの下限の数字はといえば、高偏差値分布からの推定です。
やはり、世田谷は偏差値55あたり以上で判断するレベルではなくなっているということだと思います。
世田谷は偏差値の底上げはなされているけれど、やはり偏差値上位の入学者の伸びは限られているということだと思います。
さらに東大合格者の伸びがいまいちだった時期の入学者がこのあとしばらく続くので、東大合格者の増加はしばらく期待できないかと思います。
来年は偏差値55以上も減少するので、実績的にも今年同等か、今年が全体傾向から見てもいまいちの結果なので、少しいい結果が期待できるかなとは思います。

高輪は今年東大合格者が0なので、予想より下回っています。
まあ、東大合格者が居るか居ないかはかなり差がありますが、2人ぐらいまでは誤差範囲なので、できればコンスタントに合格者を出して欲しいなと思いつつ、しょうがないかなと思います。
高輪も偏差値55以上では伸びているのですが、東大合格者率では下がっています。
ここも同じで、やはりより高い偏差値層が増加傾向にならないと東大合格者は増えてこないだろうなと思います。
来年は、偏差値55以上が増加していますが、とりあえず、2%を少し割るぐらいの位置を予想しています。

成城は逆に予想よりややいい結果になっています。
まあ、2人ですから、東大合格者が出る、出ないのラインの誤差範囲かなと思います。
ここもより上位の入学者が増えてこないとコンスタントな東大合格者は期待できないかなと思います。
来年の良そうですが、偏差値的にはやや低下しています。ちょっと薄い肌色にしてみました。
なので今年並みから0人の間だろうなと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック