温故知新男子校編東大合格者率検証(2014)城北本郷

予想と実際の結果と、来年の予想をやっています。
休みなのでちょっとがんばります。
偏差値58上の分布をベースに今回は城北と本郷をやります。


画像



前回の芝、巣鴨、攻玉社も参考に入れています。

灰色の星が、大学入試結果が出る前に予測したポジションです。今回もおなじにしました。
城北は予想より少しいい結果です。
攻玉社の分布を除けば分布の上限になります。
来年卒業の入学時の割合は、あまり変化がなさそうです。
なので2015年の東大合格者予測も、あまり変化は無さそうです。

本郷は予想よりかなり低い結果です。
去年の結果もいまひとつだったようで、去年の延長線で見ると、順当な結果なんですが、これを順当な結果とみると、角度が他校より緩やかだということになります。
そうだとすると、学習効果(入口に対する出口)が低いということになります。
もしかすると、タカダさんの東大受験に対する雰囲気がまだできていないということなのかなと思います。
とりあえず、結果として、東大に関しては入口に対する出口はあまりよくないようです。
昨年、今年の結果から推測すると、来年の本郷の偏差値58以上の合格者数は跳ね上がりますが、東大合格者
率としては分布下限を割る可能性があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

タカダ
2014年04月21日 01:02
 最近、早大合格数÷6、慶大合格数÷3を東大合格数と比較して調査しているのですが、あの市川もなかなか東大二桁を達成できませんでした、昨年その壁を突き破ったとたん、当たり前のように、今年も二桁合格をしました。本郷もそういう段階に来ているのだと思います。一度壁を突き破ると当たり前のように二桁を続けるでしょう。それは、埼玉県の栄東や開智にも言えたことです。
 それと、東大の数学だけは教師の指導力が足りないのだと思います。本郷はまだそういう教師がいないのでしょう。教師の指導力ガなくても天性で数学の問題を解ける生徒はいますが、ボーダー前後の3割ぐらいは、教師の指導によって解ける問題が1問増減します。東大の二次の数学の1問は配点が20点ですから、これは大きいです。
 教師に能力がないとは思いませんが、多分、東大二次数学の解き方にまだ意識が向いてないのだと思います。
半兵衛
2014年04月23日 10:55
たぶん、タカダさんがおっしゃっていることは正しいんだと思います。
早慶あたりなら、個人資質で順当に行けるんでしょうけど、東大とかは別の何かがあるんでしょうねえ。
だとしたら、本郷が伸びる伸びると勧めて、実績がいまいちだと批判されたら急に偏差値を下げるという塾はいったい何だろうと思うわけです。
営利企業だからと言って、無責任なことをシテ許されるわけがない。まして教育関係の端くれにいるわけだから。
問題はこの手法があたかも新しい方法であるかのように扱われていることでしょう。
真面目に考えないと、業界自体の信用なくすんじゃないかと思います。
いや、教育自体が信用なくす気がします。

この記事へのトラックバック