温故知新男子校編2009-1

今年の予想やったから、あとはなにやろうかと考えたのですが、もっと先だって同じように予想できます。
精度を上げるなら、今年の結果を入れて傾向線を引き直せばいいのですが、そんなに変化するとも思えません。
なので、ついでだからずっと先まで予想しちゃおうかと思いました。
2009年入学、2015年大学受験の代の予想をやってみます。
このあと、上がるのか下がるのか気になる人も多いでしょうから。

2009年の入学の筑駒、開成、麻布、駒東、武蔵に加えて、早稲田を入れてみました。
偏差値の分布です。

横矢印がその年の結果偏差値を示しています。

画像



筑駒と開成の関係は分布の下位の差が開き、上位の差もやや開いています。

70以上の入学者は開成が20%→25%→21%→24%→27%→16%に対して、筑駒は50%→50%→36%→35%→45%→38%なので、
どちらも比率が低下する傾向の中で、筑駒の低下が小さい分、差が開いています。

開成と麻布を比較すると偏差値65以上で開成は80%→89%→77%→82%→82%→83%で、麻布は34%→33%→37%→35%→39%→31%
開成がわずかに上昇、麻布が低下しているので差が開いています。

麻布と駒東を比較すると、上位、下位は同じような分布ですが、中位が麻布のほうが高めです。
駒東の偏差値65以上の比率は20%→36%→32%→32%→27%→29%→29%なので、上位は麻布が率を落した分、差が縮まっています。

武蔵と早稲田はほぼ同じ分布になっています。
偏差値65以上の進学者は武蔵が9%→11%→10%→16%→8%→8%と2008年同様ちょっと低下しています。
早稲田は6%→12%→10%→16%→12%→11%と今年の卒業生、来年の卒業生とも、武蔵より高めです。


筑波の偏差値見つけました。結果として進学者の上位20%程度で、前年比でやや上昇しています。高すぎる数字だと思います。
開成も同様です。
駒東、武蔵、早稲田も進学者の上位20%あたりに結果偏差値が集まっています。
上位から20%の進学者の偏差値が80%合格偏差値というのは、どう考えても変な気がします。
どう考えても高すぎます。

麻布はちょっと低めでTOPから30%あたり。こちらのほうが正しくて、他校が高すぎる気がします。
不合格になった場合の言い訳として、偏差値を高めにつけているのかなと思うのですが、それって、変ですよね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック