都内の高校早慶合格者率比較(18)男子校7

今回は早慶合格者率16~20位です。



画像





現+浪16位は高輪です。2008年は18%で、2009、2010年は23%に上がっています。

17位は成城です。2008年の26%から2009年の18に下落、2010年は21%にちょっと戻しています。

18位は獨協です。2008年に4% 2009年は8%、そして20100年13%と着実に上昇しています。

19位は都市大附属です。2008年、7% 2009年、8% 2010年12%と着実に上げてきています。

20位は佼成です。2008年10% 2009年9% 2010年11%です。ほぼ10%で安定しているといえそうです。
次に現役の合格者率を見てみます




画像





現役の合格率16位は都市大附属です。6%→5%→10%と現役合格者率が急伸しています。
もうひとつ注目すべきことは、都市大の推薦を持って受験できるせいか、浪人合格者が減少して、ほとんど現役合格者になっています。

17位は成城です。合格者率は13%→11%→9%と毎年2%ずつ下がっています。
この現役合格者率の減少は少々気になります。

18位は明法です。現+浪の合格者率は20位以下ですが、現役合格者率は2%→3%→8%と大きく合格者率を伸ばしています。

19位は獨協です。現役合格者率は1%→4%→8%と飛躍的に伸びています。
外部進学に力を入れてきたのかなと思います。

20位は佼成です。現役合格者率は3%→2%→7%です。ややジグザグですが率を上げてきています。
現+浪がほとんど変わっていないので、現役合格者が増加しているということだと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2011年02月26日 21:21
 明法は一学年の人数が少なく、ごく少数の秀才(2人以下)で稼げる早慶合格数でも、そこそこ合格率がでてしまうので、進学の検討をされている方がいれば、学校説明会等で実進学者数まで調べたほうがよさそうです。

この記事へのトラックバック